安全運転・研修動画制作 (3) Q&A

動画制作にまつわるご質問にご回答します

専門性の高い動画制作・でも恐れることなかれ

ここでは、プロ・ドライバー研修動画制作にまつわる「素朴なギモン」について、一問一答形式で回答しています。

どうしても専門性が高く感じてしまう動画の制作ですが、基本の部分はきわめて汎用性の高いことばかり。要は「基礎に忠実に」ということ。

ご回答している内容以外にもご不明点がございましたら、ぜひメールでお問合せ・ご質問ください。制作ディレクターがていねいにお答えいたします。

負担感の少ない「楽しい動画」にするためには?

テンポのよさが大事です

「章立て構成でテンポのよい映像」にすることです。

研修用の動画は、漫然とした長い内容は絶対にNG。きちんと研修内容を分析し、分かりやすい「章立て構成」にすること。

この作業こそ、伝わりやすく理解しやすい動画制作のための第一歩。まずは「章立て」に分解する作業から始めてみましょう。

理屈に傾かず、あくまで感覚的に理解できる動画を目指して

イラストを上手に活用

実際の映像とイラストによる説明、両方あれば理想的です。

前項でも述べましたが、安全運転研修用の動画では、実際の撮影映像が不可欠。さらにここに「イラストによる説明」が加われば、鬼に金棒です。

実際の映像と、概念としてのアニメーションの相乗効果により、見る側の分かりやすさは格段に向上します。

紙資料とは違うメディア特性の動画・上手な表現方法は?

センテンスは短く。

伝達内容はできるだけ短いセンテンスにすることです。

動画に限らず、研修用の教材・資料は「伝達内容を短いセンテンスに推敲する」ことが、大事。当社の研修用動画制作でも、これはしっかり踏襲されています。

このあたりは、動画制作後に教材に「逆反映」することも可能。その意味でも、研修動画制作は大変有用な手段、といえます。

特に強く伝えたいことを強調して表現するために

インパクトを重視

キーワード提示でインパクトを加えることです。

上記にも関連しますが、研修内容を短いセンテンスでまとめながら、最重要事項や注目ポイントを「キーワード化」して提示することも重要です。

これにより強調要素をより強く表現できますし、見る側の印象にも残ります。

作例をまねるのもひとつの手段

まずはここから始めましょう

動画制作・ズバリこのくらいの価格

埼玉県所沢市に本社を置く映像制作プロダクションです。

弊社のあゆみを記事にまとめました。

弊社の豊富な制作実績を記事でまとめました。

資料を無料でご郵送! まずはお気軽にお問合せください。